Research 4

日本におけるソーシャリー・エンゲイジド・アートの可能性

ディレクター: 齋藤雅宏(Kapoディレクター)

“アーティスト・イン・レジデンス”とは何か。
アーティストが社会に関わること。街の人がアートに出会うこと。美術館やアートスペースはそこで何ができるのか。
今日の日本におけるソーシャリー・エンゲイジド・アート(社会関与型アート)の可能性について探っていきます。国内外の事例を紹介しながら、アートの社会関与の可能性を参加者と協働して考える機会とします。

*写真:「プロジェクト・ロウ・ハウス」(テキサス州ヒューストン)

Topics