Research 3

アーティストと社会

ディレクター: 山田洋平(山田企画)

(リサーチ中盤のコンセプト)
このリサーチは地元アーティストが金沢にて活動する意味と、マイノリティ(少数派)として認識されるアーティストとはどのような存在で社会の中で生活し、社会と関わっているのかをリサーチする企画です。
このリサーチを結果を受けて、2017年度のAIR21: カナザワ・フリンジの企画が建てられていきます。
※インタビュー内容には変更はありません。来年度のためのリサーチから、現状を理解するためのリサーチに変化しました。来年度の企画も一旦白紙に戻し、リサーチ終了後に改めて考える形に変更しました。

(リサーチ開始前のコンセプト)
このリサーチは社会的マイノリティ(少数派)である『アーティスト』を社会とエンゲイジ(関連)させるためのアートプロジェクトです。2017年度のAIR21: カナザワ・フリンジに金沢を拠点とするアーティストが創作を発表する『場』をカフェなどの会社・企業に設定し、作品の『選出』をその場のオーナーが行う『OFF AIR21(仮題)』の開催を目指します。

 

Topics


アーティストと社会 インタビュー備忘録3

地域社会とアート:ワールドカフェ開催!

アーティストと社会 インタビュー備忘録2

アーティストと社会 インタビュー備忘録1