2016年07月20日

アーティストと社会 インタビュー備忘録1

DSC_0710

アーティストと社会では、金沢を拠点に活動するアーティストにインタビューをとっています。

現在までに約10名。ジャンルは不問。
舞踊家、インスタレーション作家、現代美術作家、作家、演奏家、演出家、作曲家、舞台衣装家など。

このような肩書をつけると一般社会とはおおよそ関わりのない特殊な人間の特殊な職業のように思います。ですが、金沢においてはその肩書の他に別の肩書を持つアーティストが多くいます。

デザイナー、舞踊教師、ナレーター、音楽教師、美術講師など。

この肩書の方では一般社会でもとても理解されやすい肩書のような気がします。
それはこれらの肩書が社会と関わりが強い事を意味しているのかもしれません。

アーティストと社会では、様々な角度からアーティストやアートの社会の関わりや、その意味についてリサーチをしていきます。

2016年07月20日 | Posted in Research 3 | | No Comments » 

関連記事