2016年06月28日

②郷土料理研究家の本拠へ@四季のテーブル

「カプリ島」を美味しく頂きつつ、
まだお腹に余裕にある稲田さん達。

お昼2件目(!)は、郷土料理研究家として
ご活躍&著書多数の青木悦子さんのお店、「四季のテーブル」です。

research1-160628_DSC_2196
実は街の中心部、長町にあるのです。

金沢の方ならば、「青木クッキングスクール」を
ご存じの方が多いかもしれませんね。

この料理教室は昭和32年開校と50年以上続いており、
嫁入り前に青木先生にお料理を習うという金沢の女性も
多いのではないでしょうか。

research1-160628_DSC_2217

青木悦子の店!と達筆な看板が掛かっています。

14時38分に入店。
店内には金沢らしさの象徴として、鎧や花嫁のれんが飾られています。
15時近くてもランチメニューが頂けるのがうれしいですね。

さて、何を食べましょうか。

悩んだ末、四季ごちそう膳、治部煮膳、
そしてお抹茶とお菓子にしました。

research1-160628_DSC_2204

しばらく待って出てきた四季ごちそう膳は、
確かにごちそうな品数です!

金沢料理のダークホース、
べろべろ(卵を散らした寒天。甘口のおかず。)もあり、
ちょこちょこ種類を食べたい欲張りな方にぴったり。

research1-160628_DSC_2208

research1-160628_DSC_2212

そして、満を持して治部煮の登場です。

先生曰く、
”鴨と特産すだれ麩、茸、里芋、青菜を取り合わせた金沢伝承の味”
とのことで、エースと言ってもよい存在でしょう。

research1-160628_DSC_2214

これが青木先生の治部煮!
見えにくいですが、すだれ麩をひと巻きしてあるのが
先生流らしいです。

治部煮膳はこんな感じ。

research1-160628_DSC_2210

今回の滞在初となる治部煮は、実にスタンダードな一品。

料理に添えられるのが生葉・生花だったりするのもこだわりの1つでしょうか。
スタッフの方も、お店に誇りがある様子なのがすてきです。

店頭では青木先生のオリジナル商品も購入できるので、
まずは四季のテーブルに行ってみる、というのも1つかもしれません。

稲田さんコメント

金沢の郷土料理研究家としてあまりにも有名な、青木悦子先生のお店という事で期待して伺いました。

青木先生と言えば、素朴な家庭料理を丁寧に掘り起こすお仕事をされているイメージですが、実はこちらのお店の方向性はある意味それとは対照的とも思えました。

言うなれば鄙びた温泉宿のおもてなしのご馳走。郷土料理とはまた少しベクトルの違う昭和な懐かしさです。

ふだんお家で家族のために地の素晴らしく美味しい料理を(無自覚に!)毎日こしらえているおばあちゃんが、たまの骨休みの温泉旅行で「こんな珍しくて美味しいものが食べられるなんて幸せだねえ」と眼を細める、そんな光景が目に浮かびました。

四井さんひとこと
四季のテーブルというおみせに行った。
建物だけは知っていた、怪しいレトロ喫茶のような場所?
専務の分析をたよりに、知らない道を注意深く散策してみる。

、、、
目の前にちらかるきれいなものが再構築されるリアリティ、
そして知るたび鮮明になってくる矛盾、まったくもってホラーであった。

あ、、ありのまま起こった事は話さないぜ。
なにを言ってるのかわからねーとおもうが、
ぼくも、なにをされたのかはわからなかった。
おそろしいものの片鱗を味わったぜ。

いま、すべてのリアルを好意的に受け止める努力がゆえ性格がわるくなってしまったらしい専務のコメントを改めて読んで、この企画を楽しめているぼくも沼にはまりかけているひとりなのかもなと自覚すると同時に、うまいまずいの外側の世界の豊かさをあわよくば遠回しに伝えてゆきたいと思った次第です。

治部煮初体験ふつうにうまかったな。すだれ麩のかわいげ。

2016年06月28日 | Posted in Research 1 | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。